誰でも出来るをカタチに…

ども、ちょっとお久しぶりのGeorge.Kです。

 

weblogを移行後あまり革新的なことを何も出来ていないのですが

とりあえず日々色んなことに追われて楽しんでおります。

 

いや、本当に山積みっす。

 

長いこと色々と停滞してたので

まあ、今も停滞していないことも無いのですが

最近色んなお話を頂いて嬉しい限りです。

ただ、自分の可能性を削りたくないので

もっとこなして色んなお話をいただけるように頑張ってこなしていかないといけないわけですが

本当にすいません。

 

さて、表題の件ですが

もうすでに語ったとは思うのですが

以前から僕は本当に誰でもその気になればなんだって出来るって

そんなことを言ってきたのですが

お金が無いと出来ないこととか

家庭があってとか仕事が忙しくてとか

様々な要因があってしたくても出来ない状況はあると思います。

そんな状況でしたくても出来ないって人はとりあえず仕方無いかなと。

別に無理しなくてもいいんです。

精神論でいえば、そんなの気持ち次第でどうにでもなるってところですが

別に無理して色んなことに手を出す必要もないかもしれないです。

ただ、僕が言いたいのはやってみたらどうかな?ってだけ。

手を出しもせずに、出来ないっていうのはちょっと勿体無いってだけです。

もしかしたら、手を出したおかげで色んなことが潤滑に回ることだってあるはず。

んなこと解ってる!って人、

そんなアナタにお届けしたいのが僕がいつも言っていること。

だから、したいのにどうしたらいいのか解らないって…

そんなのググれって言われればそれで終了なんですけど

ただググるだけでは解らない人も多数。

そんな人達は置いていけよって方の意見も別に否定はしませんが

もしかしたらGeorge.Kに聞けばどうにかなるのでは?って思っている人に届けたい。

 

今計画しているのは

僕がやっている様々は

本当にその気になれば誰でも出来ますよってやつ。

そのひとつがHP制作。

僕は今、仕事の関連でWEBデザインを多数手がけているのですが

確かにすんげえデザインページではないのですが

それでもそこまで難しいことをしなくても

そこまでお金かけなくても

僕がやっていることは誰にでも出来ます。

 

自画自賛みたいですごい恐縮ですが

僕はよく、「色んなことが出来るね、すごい」

みたいに言ってもらえることが多々あるのですが、

別に何もすごくないんです。

僕がやっている様々は、正直それぞれの専門分野の人に言わせれば

結局素人に毛が生えた程度。

でも、毛が生えたならいいかなって。

毛を伸ばしていってばんばん茂らせればいいわけだから。

んで、これやってみたいんだけどなって思って育毛剤に手を伸ばすも

伸ばす毛がそもそも無いことに気付いて断念する人が多いんです。

僕だって最初は毛根なって無かったです。

でも、無理やり植毛してる感じです。

 

…とここまで来て一部の人に不快な思いをさせているなら謝ります。すいません。

表現を変えます。

 

というわけで、

僕がやっている程度のことなら

本当にその気になれば誰だって出来るんです。

 

若い頃の僕は正直どうしようも無かったと思います。

そんな誰でもその気になれば出来ること、

そんな大したことないテクニックを隠して

自分が出来る人のように言われることに満足して

んで、誰かに教えることで自分の居場所がなくなることに恐れていました。

でも、ある時からそんなのすんげえくだらないって気づきました。

だから僕は惜しげも無く教えます。

 

ただ、僕が教えるのは技術的なお話。

後はそれぞれのセンスが大事。

センスは才能だって言う人もいますが

僕には別に特別な才能は何も無いんです。

敢えて言うなら女性にモテる才能くらい…すいません、ゴミ拾いするんで許して下さい。

 

センスは磨くもの。

それぞれが生まれ持っていたり、育ってきた環境で培われた

それぞれのアイデンティティとも言うべき核があって

あとはそれを光らせるために磨いていけば

自ずとセンスは輝くはずです。

そのためには好きなことを徹底的に楽しんで

好きなものに徹底的に触れていく。

それがきっと大事なのかな。

僕がセンスがいいかどうかなんて解りませんが

少なくとも、僕程度のセンスなら

誰にでもすぐに磨けると思います。

 

ということは

僕がやっていることは

誰にでもどうにでもなるわけです。

 

なので、色々公開して行きます。

参考にしてもらえればシアワセです。

 

で、なんでこんなことするのって言われると

単に人が好きだからかな。

 

色んな人の色んな作品に触れたいんです。

一部の特定の人の作品だけじゃなく

もしかしたらすげえ才能に出会えるかもしれないチャンスを

僕のちょっとしたお手伝いでふれることが出来たなら。

そんな楽しいことないなって。

 

ま、そんな感じです。

キレイゴトです。

 

なんでこんなことしているのかは

正直わかんないんです。

でも、なんか僕がやりたいこと…っていうだけかな。

 

もっともっといろんな人達が

いろんなことを出来るキッカケを。

今の時代にはそんなチャンスがすげえ眠っているから

だから…。

長いな。

とりあえずまた仕事に戻ります。

 

光に逢えるのを楽しみに。