ボタンフライ

ども、女子より花のGeorge.Kです。

 

昨日、恒例のファストファッションショップ攻めをしてきたのですが

色合いが気に入ったジーンズがあったので

思わず握って試着室へ。

さあて履くか…と思ったら「!」

ボタンフライでした。

 

解らない人に軽く説明しときますが

ボタンフライとは、190度の高温でカリッと揚げたボタンをあしらったズボンです。

…嘘です。

 

とりあえずそのままのテンションでズボンを履いたらサイズもぴったし。

値段もすごく手頃だったので即買いしました。

 

昔はボタンフライってだけで興奮して

とにかくボタンフライのジーンズばかり愛用してました。

 

何がいいのか?

まあ男子的に言えば色々と面倒ですし、

少し大人な話になると、

尽くしてくれる系の女子とか最初は「させて」って言ってくれるのですが

最終的に「あああもううう面倒くさい!自分でやって!」と

最初から自分でするからいいよって言ったのにも関わらず

せっかくの甘美な空気が壊れたりと

結構デメリットの方が大きいです…。

 

けれど、なんでしょう

多分あのシルエットですね。

最初に見たのは一時期すげージーンズにハマってた頃。

確か、地元にユニクロが出来たころだと思います。

今みたいなユニクロじゃなくて、どっちかっていうとジーンズカジュアルを全面に売りだして

まだアディダスとかも置いてた頃。

その時にすっごくハマって、ジーンズの雑誌とか買ったり

今みたいにネットなんてなかったので、本屋めぐりして色々調べたりして

赤耳とか裏リベとかブルーベルとか

なんかそんな専門用語学んで、

まだベストジーニスト賞とかも無かった頃だったと思いますが、

ビンテージのジーンズの色々を調べたりして興奮してました。

まあ、ほとんど忘れてしまいましたが。

とりあえず、そんなこんなで確かビンテージのジーンズのボタンフライが

とにかくかっこ良く見えて、

んで、外国人のイケメンモデルが

一番上を開けて、腰元を少しエロく魅せる感じが

とにかく大人な感じがしてかっこよくて。

まあ僕はとにかくスタイルは良くないので、

嘘でもそんな真似事はできませんが、

とにかくあれがかっこよくて憧れたんですよね。

それと、ジッパーと違ってカタチが崩れないというか

履いた感じのあの締り具合とかもすきなんですよ。

 

とまあ、別にどうでもいい話なんですが、

とりあえずやっぱりボタンフライ好きだな…って話です。

 

あれ、特に何か話が発展するわけじゃないですよ。

いつもと違うって?…はい。

 

まあとりあえず僕がまたボタンフライを集めだすってことは

確実に僕のベクトルが女子に行かなくなった証拠です。

だって「もううおおおお!面倒くさい!」って言われるの嫌ですから。

意外に上からバスんってはずとジッパーより楽なんですが、

女子からすると、じっくり…まああまりアダルトな話はやめておきますか。

 

とりあえず最近は女子より花です。

もっと美しいものを愛でたい気分。

そんな秋の訪れにボタンフライなGeorge.Kでした。

ではでは。