同じ名の下に。

メルマガに書こうと思ったんですけど、

まあ結構僕の人生でも衝撃的な出来事だったので記す。

僕の本名の下の名前は漢字で書くと「丈治」です。

これってちっちゃい頃から珍しい名前で

人生で同じ名前の人にあったことが無かったんです。

この名前ならではの悩みも一杯あって、

まず何よりもちゃんと書いてもらえない。

例えば病院の診察券とかよく「文治」って書かれてた。

あと、学校の先生も必ず名前を呼ぶ時に躓く。

とにかく、この名前で苦労したことが多々あって、

今では珍しい名前をつけてくれたことでの感謝はあるものの

幼い頃は正直ハズカシイとか嫌とかの感覚の方が大きかった。

そんな僕が、先日 Google+をやっていた時に

ふとサクっている人のコメント欄に気になる文字を見つけた。

そう、「丈治」だ。

え?あ、僕と同じ名前だ…って。

すぐにGoogle+上から同じ名前です!って呼びかけたら

相手の方も僕みたいな怪しい人間に反応してくれて、

ちょっとした交流が始まった。

ちょっとお相手のプロフィールとか見ると

会社の役員されている方だったりで、気軽に話していい相手では無かったようですが、

そのへんはSNSの暴れん坊(というほどでもないけど)のGeorge.Kならでは、

臆せずバシバシアプローチ。

たまたまお相手がすごく素敵な方で、会話をしてみたら実は同じ新宿で仕事していることが判明。

じゃあせっかくだから呑み行きますか?なんて感じの軽いノリで「丈治会」なる宴を企画。

それが、去年の年末のこと。

SNSに出逢ったその日のうち(?)にとりあえず両方が空いてる日でスケージュリングして

そして先日実際にお会いしてきました。

実はお互い人生で初めて遭う「丈治」に感動。

同じ名前だからこその悩み(前述した幼き頃の話とか)で盛り上がり、

そしてお互いの人生だったり、今の仕事についてお酒を飲みながら話してきました。

なんでしょう。同じ名前だからか、

とっても意気投合して、ふたりとも酔っ払いながらその日の夜を過ごしました。

久々の感じだなあ。

SNSで知り合った方と直接遭うことは結構多いのですが、

こんなにじっくり話したのも久しぶりだったし、

なによりもお相手の丈治さんがとっても面白い人。

ここで宣伝していいのか分からないので、詳細は敢えて書きませんが、

手がけられているお仕事もとっても面白いし、

そしてすごくクレバーな方だったので、話していてもとっても楽しかったです。

頭の回転が早い人、いわゆる勉強が出来る人、成功している人、

この3つが綺麗に重なっている人と話すととっても楽なんです。

懐が深いというか、とにかく何も気にせず話せる。

何を話しても卑屈になることがないし、

そしてどんな会話にも柔軟に対応してくださる。

今回お話した丈治さんがまさしくそんな方でした。

いや、本当にね、同じ名前なのに雲泥の差ですわ…

どこをどう踏み外したらこんな格差丈治が生まれてしまうのか…。

本当にいいお酒でした。

ある程度詳しく書いた気もしますが、

まあメルマガネタになることですし、

とりあえず報告したかったんで、書きました。

格差丈治…いや性格には常時格差かな。ほほ。