継続が力となる。

ども、最近なんだか何屋なのかよくわからないっていうのが加速してますね。

むしろ願ったりですよ。

あ、どもGoerge.Kです。

それにしてもここ最近は本当に何屋さんなのか分からないですが、

あいも変わらず生活はぴーぴー言ってますよ。

あ!ピーピーってひな鳥がなく様子から来ているのか?

まあ、そんなことは置いておくとして、

色々とブログやってますけど、最近一番真面目にやっているのが

Bloggerで展開している出演番組のブログ。

まあ書くネタがあるからっていうのもあるんでしょうけど、

実際はむりくりでも書くようにしているのが現状。

週一の番組なので

放送後の感想→次回告知→今週のプライベートネタ→次回告知→放送だぞ!

って感じで5回くらいのネタは常にある。

これがやっぱりブログとかを更新していく上で結構大事なんだなと思います。

とはいえ、ネタがある無しは関係なくても

とりあえず一番大事なのは「継続している」ということ。

ここで誤解して欲しくないのは「継続をする」ではなくて「継続をしている」ということ。

継続をさせるのに一番大事な肝は継続しているということなんです。

いや、なんかごちゃごちゃしてきましたね。

つまり、「よしこれを継続させよう!」ってしても中々続かないもの。

ところが続いている何かを継続させるのは思いの外簡単。というか勝手に続く。

いや、あたりまえだろ?って言われればその通りなんですし、

その継続するってことをどうすればいいか解き明かせよって言われても

僕がはじき出した答えはとにかくなんでもいいから継続させはじめることだってくらい。

例えば僕はいくつかブログを展開していますが、

実際どれも更新頻度が最近落ち気味。

もちろんこのブログだってそう。

まあ、このブログは元々かなりゆる~くやる予定だったからいいんですけど、

情報サイトのKLOGなんて最近は完全に死んだサイトになりつつある。

KLOGなんて一時期はかなりアクセス数稼いでいましたけど、やっぱり更新頻度が落ちるとかなりアクセスが減ります。

で、他のブログもそうなんですけど、

頻繁に更新している時って「ども、今日は雨なので書くのやめます」くらいの意味不明な更新でも

さらっとやってしまうんですけど、更新が滞ると「Google Drvieスタート」とかすら書かなくなる。

続けいている時の「続けなきゃ」っていう勝手な義務感はとても大事なんだなっていう話。

まあブログは最低でも1日1記事、基本写真を必ず載せるっていうのが

アクセスを落とさないためにも大事なのは周知なんですけど、

アクセス云々よりも、自分がそのサイトを続けていくためには

「手をとめない」ことが大事なんだなって改めて痛感しました。

「は?そんなんしってるし」っていう声が聞こえてきそうですが、

まあ知ってても改めて痛感するとなんというかどしーんって来るんですよ。

というわけで、続けるために続けるっていう何とも難しい言葉で締めくくり。

そろそろ本気出さないとね。何屋か分からないなら分からないなりに極めないと。