ケイゾク。

愛なんていらねえよ、夏。

あ、どうも渡部篤郎です。嘘です。

さて、前回のweblog更新がほんとに久しぶりすぎて

自分的に笑える話だったんですが、

最近本当に気づけば色んなブログやってるなと。

いや、本格的に商売にしている人とかからすれば

別に多くなんて無いよって話でしょうが

自分的にはビックリするくらい多い。

禁煙ブログは基本的に1日1回は更新してますしね。

んで、まあ当たり前の話ですが、

やっぱり基本更新を続けていくと

アクセスは自然と増えていくって話です。

今一番メインというか真面目に書いているのが

KLOGっていうサイトなんですが、

(あ、敢えてリンク貼りませんよ。)

とにかくちょっと更新怠るとあっという間に1日のアクセスが減ります。

ところが、真面目にちゃんと書いていると

内容うんぬんは抜きにしても

やはりちゃんとアクセスが増えていきます。

もちろん、ある程度良質な記事を書くことは大事でしょうが、

せっかく良質な記事を書いたところで

後が続かないと結局誰も見に来てくれなくなるサイトになると。

そういえば、アメブロとかFC2に企業ブログ書くのはナシみたいな

そんな記事が出てましたね。

アンサー的な記事を書こうかと思ってクリップしてたんだった。

とりあえずそれは今回はいいや。

例えば書くことは正直な話、この際どこでもいいと思います。

ブログを書くので一番大事なのはやっぱり継続ですよ。

些細な記事でも、くだらない記事でも

なんでもいいからとにかく継続していくこと。

やはりテーマはある程度もった方がいいでしょうけどね。

ちょっと待って。

僕は一体何を書いているの。

このweblogってそんな場所では無かったような…ゴクリ。

あ〜あ、やっちまった。

なんだか文章中途半端だけど

これ以上書くとなんだかやらしいんで今日はやめます…

まあとにかくやっぱり継続して続けることは大事なんですよ。

というわけで、極力やっているブログは全て

1日1個は記事を書くようにしよう。

やっぱりアクセスが安定して多いと

嬉しいじゃないですか。

嬉しいと笑顔になりますよね?

笑顔になると楽しくなりますよね。

楽しくなると…もういっか。

あ、でもこのweblogは自由な場所なんで

更新頻度は不定期で!!!

まあとにもかくにも継続は大事ってことですね。

以上、渡部篤郎がお届けしました。嘘です。

111か。

ども気付けばこちらのweblogは1ヶ月以上も放置してたわけですね。

そうですか…

あ、どうもGeorge.Kです。

とうとう今年も残り2ヶ月を切りましたね。

みなさん年初に立てた目標をそろそろ振り返る頃ではないでしょうか。

私も今年はRe:1と銘打って

新たにリスタートの1年にすると宣言して

年始に色々と企画を立てさせて頂きました。

まだ半分以上やりきってない感が…

ともあれ、やはり宣言したおかげもあってか

今年は随分と色々と行動的になっていると思います。

それにしてもweblogを書かない間の1ヶ月間に

色々としたなあ。

とにかく新しくサイトを立ち上げまくってる感…

色々な記事を書いているせいで

こっちのweblogが全く手付かずになってしまってますね。

本当はこのweblogって一番書きたいことを

そのまんま、誰の目も気にせずに書くために立ち上げた感もありますが、

最近僕のメルマガの中身を変えたことによって

結構メルマガでそのへんが消化されてしまっているので

それもあってこっちを書かなくなっちゃっているのかもしれません。

前までは結構コラム的な話が多かったので

今回みたいにだらだらっとテーマも目的もなく書くのは久々かな。

いや、色々あったんですよ、書きたかったこと。

不満とか愚痴とか不平とか藤田まこととか…

まあ、それはいいとして。

とりあえずRE:1と銘打って

今日が1並びなんでなんとなくね。

ともあれ冒頭で書きましたが、

今年も残り2ヶ月です。

ここいらでもう一回

今年のはじめに立てた計画を振り返って

年の締めくくりに向けて

ぴっしりいきまひょ。

ま、僕は相変わらずのんびりんぐですが。

ではまた。

see you around!

退屈な授業

ども、まとめサイト作って以来まともにWEBLOG書いて無かったです。

まあこちらは完全にマタリなのでいいかなと。

 

Twitterでいつも繰り広げられる茂木健一郎さん (@kenichiromogi) の連ツイ。

今朝は

日本の大学教育→新卒一括採用の弊害【日本はコモディティ化した知性という罠にはまっている】

という話題でした。(こちらにまとめ有り→http://t.co/52ubKiBt)

 

ここから影響受けてWEBLOG書くこと多いなあ。

 

さてと、

僕は小学校の頃には、とりあえず東大に行きたいっていう目標がありました。

なんで?っていうと、まあそこがテッペンだからっていう単純な理由。

まだ小学校の頃には明確に大人になって手にする道具に関してイメージが沸かなかったから

周りの大人達が口を揃えて賛美する東大がとりあえずいいと思った。

結果をご存知の人なら笑い飛ばしてもらっていいのですが

もちろん東大なんて行けませんでしたし、

高校進学の時も地元で一番の進学校を受験して落ちて

んで、中学浪人?ってやつをやってそこよりもランク的には下の学校に行きました。

大学はもう行かないよなんて言ってたんですが、

英語を勉強したくなって外国語学部の大学を受験して、進学しました。

んで、最終的には中退しちゃいました。

まあこれだけみれば、いわゆる落ちこぼれだって解るでしょうから

ここからは落ちこぼれの戯言だと思ってもらって結構でございます。

 

とりあえず最初に高校を落ちた頃からなんですが、

僕はその当時、音楽家になるかプログラマーになるかみたいな選択をしていました。

結果、高校を落ちたことで僕は音楽家になる様に信号が点灯したんだと

そんな風に思って、最高学府への夢はさっさと諦めてしまいました。

 

ただ、中学の時に学校選びをする時からそうだったんですが、

色んな高校の資料とか、実際に現地にいったりして思っていたのは

魅力的な学校が見つからなかったこと。

僕の地元にそういった学校が少なかったというだけかもしれませんし、

今は昔よりも色々なタイプの学校があるから

これは当時の僕にしかあてはまらないかもしれませんが、

結局、だったらとりあえず最高学府への道が一番解りやすいという格好になっていました。

 

んで、色々あって大学に進学して。

英語の授業は、それはそれは退屈なものでした。

地元の外国語学部に行ったせいもあったのかもしれませんが、

まあ色々理由もあってそこにいったのですが、

とりあえず授業が退屈。

もっと面白いものを期待していただけに愕然としました。

いや、これは僕自体がきっと落ちこぼれているからなだけですけど。

 

とはいえ面白かったのはネイティブの教授の授業くらい。

生の英語が飛び交う現場で、体で英語を感じられる授業はとっても楽しかった。

ネイティブの教授は2人いたましたが、どっちもとっても楽しかった。

色々な新しい発想の授業が僕にとって、最高に刺激的でした。

あの経験が、僕にとって大人になってもつまらないわけじゃないってそう思える瞬間でした。

そしてそれと合わせて好きだったのが一般教養の言語の研究みたいな授業。

この教授がとにかく面白かった。

言語に関して様々な考察をするみたいな感じだったと思うんですが

この人の授業はとってもよかった。

レポートを書くことが苦でなく、しかも前期の終りに提出自由のレポート課題があったんですが、

僕は逆に出させて欲しい!みたいな感覚になりました。

テーマは「なぜ関東ではマックで、関西ではマクドなのか?」でした。

 

ん~なんだか話がそれて来た?

 

Twitterなんかをやっていると

現役の高校生やら大学生の方のツイートが飛び込んできて、

よく目にするのは「あ~授業だ。嫌だ。」「レポート嫌だな」「学校だ。憂鬱」みたいなの。

もうそれって学校というものが完全に崩壊している気がする。

いわゆる義務教育課程なら解るのですが、

高校や大学なんてものはこっちが選んで行くもの。

選んでいった学校が”行きたくない”ものになることこそつまらない。

だったらそんな時間やめちゃって、好きなことでもしてた方がいい気がする。

しかも、一体どれだけ中身のある授業をしているんだろう。

正直専門系の高校とかの生徒でさえ、それ自体を楽しんでない人が多い。

まだ、技術系の高校とかはいいんですが、

いわゆる進学校というところは完全につまらない。

 

よく生徒が「こんな勉強、一体なんの役に立つんだよ!」なんて先生に言うと、決まって

「社会に出た時に役に立つ。今は解らないだけだ。」なんて言う。

いや、それってどうかなと思う。むしろ、それは社会に出るためというよりは進学するためですよね?

確かに社会に出て役に立つというものはすごいいっぱいある。

けれど、一番ダメだなって思うのは「今は解らないだけだ。」みたいな回答。

つけあわせで「大人になれば解るよ」なんて言葉をフライドポテトみたいに用意する。

それって教育なんだろうか?

生徒に色々と教える立場のものが、それをうまく説明出来ずに一体どうやって教育が出来るのか?

 

あ、なんだかテーマが壮大になってきた。

 

とりあえず僕的にはあの”東大○○人合格”みたいな勲章はまったくもっていらないと思っています。

それよか”○百社の社長を輩出”とか”当校で○百個の特許技術を取得”みたいな

もっと明確な看板がある方がとっても魅力的。

意味も解らず勉強をして、やりたくないなって憂鬱に感じて

んでそのまま仕方なく会社に就職する。

まあそれも人それぞれだからって言われればそうなんだろうけど、

きっとこのままじゃ、とっても輝く可能性のある才能の卵を平気で踏んづけている気がする。

殻を破ること無く、殻ごと踏みつけられた感じ。

 

なんだろうね。

もっと学校楽しかったらいいのに。

授業が楽しかったらいいのに。

 

この歳になっても

僕が思うような学校だったら

進んで入学したいとは思います。

 

そんなつまんないことしか無い世の中だから

海見てぼーっとして過ごしていたいなんて夢しか浮かばなくなるんだ。

 

これからって人たちを老人ホームに入れるために教育する必要がどこにあるんだろうね。

なんだかな。

まとめサイト

もう恋なんてしないなんてたまにいったりするよきっと…George.Kです。

 

昨日は久しぶりゆっくり寝ました。

って思ってましたが、6時間ほどなので

さほどゆっくりでもなかった…

なんだろ5時間以上寝ると、罪悪感に苛まれます。

 

そうそう、

いわゆるニュースとかのまとめサイトありますよね、

あれやろうかな…と。

現状はGoogle+がそんな感じの場所になってるんですけど

自分のひっぱってきたニュースをある程度カテゴリ分けして

自分自身が見返し易いようにしたいなって。

前に行ってた誰でもHP作成の前置き版になるかもなんですが

とりあえず情報を格納するまとめサイトをやろうと。

まあ今回もwordpress使ってやろうかな。

 

いや、それだけなんですけどね。

こういうのってTwitterとかに書くと

なんだかだらだらしちゃうんで

宣言だけは書きましたけど

とりあえずこんな風に書いておけば

ちゃんとやるかなって。

まあそれどころじゃないでしょうよ!って一部の方に言われそうですが、

やること多くても、ちゃんと自分勝手に遊びたい時もあるわけで

まあよく解んない感じになっちゃいましたけど。

 

あ、そういえばメルマガずいぶんとカタチになって来ました。

前々回のリニューアルから自分にとってはずいぶんとやりやすい感じになって来ました。

あれをもう少しつきつめて、見ている人にとって有益なカタチにはしたいな。

いや、あまりそういうこと考えなくてもいいかもしれませんが。

 

秋は買い物しなくちゃいけないものが多くて困ります。

しばらくはパスタ2本くらいしか食べない生活ですね。

 

では。

ボタンフライ

ども、女子より花のGeorge.Kです。

 

昨日、恒例のファストファッションショップ攻めをしてきたのですが

色合いが気に入ったジーンズがあったので

思わず握って試着室へ。

さあて履くか…と思ったら「!」

ボタンフライでした。

 

解らない人に軽く説明しときますが

ボタンフライとは、190度の高温でカリッと揚げたボタンをあしらったズボンです。

…嘘です。

 

とりあえずそのままのテンションでズボンを履いたらサイズもぴったし。

値段もすごく手頃だったので即買いしました。

 

昔はボタンフライってだけで興奮して

とにかくボタンフライのジーンズばかり愛用してました。

 

何がいいのか?

まあ男子的に言えば色々と面倒ですし、

少し大人な話になると、

尽くしてくれる系の女子とか最初は「させて」って言ってくれるのですが

最終的に「あああもううう面倒くさい!自分でやって!」と

最初から自分でするからいいよって言ったのにも関わらず

せっかくの甘美な空気が壊れたりと

結構デメリットの方が大きいです…。

 

けれど、なんでしょう

多分あのシルエットですね。

最初に見たのは一時期すげージーンズにハマってた頃。

確か、地元にユニクロが出来たころだと思います。

今みたいなユニクロじゃなくて、どっちかっていうとジーンズカジュアルを全面に売りだして

まだアディダスとかも置いてた頃。

その時にすっごくハマって、ジーンズの雑誌とか買ったり

今みたいにネットなんてなかったので、本屋めぐりして色々調べたりして

赤耳とか裏リベとかブルーベルとか

なんかそんな専門用語学んで、

まだベストジーニスト賞とかも無かった頃だったと思いますが、

ビンテージのジーンズの色々を調べたりして興奮してました。

まあ、ほとんど忘れてしまいましたが。

とりあえず、そんなこんなで確かビンテージのジーンズのボタンフライが

とにかくかっこ良く見えて、

んで、外国人のイケメンモデルが

一番上を開けて、腰元を少しエロく魅せる感じが

とにかく大人な感じがしてかっこよくて。

まあ僕はとにかくスタイルは良くないので、

嘘でもそんな真似事はできませんが、

とにかくあれがかっこよくて憧れたんですよね。

それと、ジッパーと違ってカタチが崩れないというか

履いた感じのあの締り具合とかもすきなんですよ。

 

とまあ、別にどうでもいい話なんですが、

とりあえずやっぱりボタンフライ好きだな…って話です。

 

あれ、特に何か話が発展するわけじゃないですよ。

いつもと違うって?…はい。

 

まあとりあえず僕がまたボタンフライを集めだすってことは

確実に僕のベクトルが女子に行かなくなった証拠です。

だって「もううおおおお!面倒くさい!」って言われるの嫌ですから。

意外に上からバスんってはずとジッパーより楽なんですが、

女子からすると、じっくり…まああまりアダルトな話はやめておきますか。

 

とりあえず最近は女子より花です。

もっと美しいものを愛でたい気分。

そんな秋の訪れにボタンフライなGeorge.Kでした。

ではでは。

自慢マン

ども、ちょっくら間があきましたが、

みなさん残暑いかがお過ごしざんしょ?

 

…ま、それはそうと、

ちょっくら前にTwitter上のタイムラインにこんなツイートが。

 

「三大ダサいもの。寝てないアピール忙しいアピール芸能人と知り合いアピール。」

 

うん、確かに。

他の人が言っているとすごくダサい感じがする。

僕ってよく会話が自慢に聞こえるなんて怒られることがあるのですが、

自分自体は全くそんなつもりは無いんですよね。

解らないっす、他の人がどうかは。

とりあえず、僕に照らし合わせると

ちょっくら労って欲しかったり、褒めて欲しかったりとかだったりなんですけど、

それが聞く人によっては自慢に聞こえることがある。

 

芸能人と知り合いアピールなんてモロにそう。

芸能人の方とお会いしてお話しした話なんて

結局自慢に聞こえてしまうみたいです。

いや、なかには大して仲がいいわけではないのに、

俺ってスゴイっしょ?みたいなトークをする人がいるから問題なんでしょうが、

そういうつもりじゃなくても、そう聞こえてしまうことがあるのは本当に辛い。

 

結局は寡黙な方がカッコイイわけです。

 

こんな感じのテーマってアメブロ時代にちょっくら書いた気がしますが、

「これは自慢なんだけど…」ってつけようが

「いや、自慢じゃないんだけど…」ってつけようが、

「自慢話と思って聞いて欲しくないんだけど…」って言おうが、

「はい、自慢ですよ。」って開き直ろうが、

結局嫌な印象になってしまう。

 

だったら黙っていりゃいいのかってね。

話したい時だってそりゃあるのよ。

でも、そればっかりじゃあ結局嫌味になる。

 

「あ~ここんとこ忙しくてさ~全然寝てないしさ~この前歌手の誰々と一緒にお茶した時もさ~」

なんて会話を会うたびに言ってたらアウトだとは思う。

とはいえね、結局聞く人の状況によって

受け取り方が毎度変わってくるわけど、

最終的に僕が思うのは、共感できる仲間と会話するのがいいって話。

誰それ構わず、みんなに同じように話してたらダメってこと。

でもね、そんなの気にしながら人と会話したくないなあ。

結局黙ってた方がいいってことか。

 

そういえば最近僕の友人が、僕のツイートに対して

「出たよ、僕のことスキ?発言」って書いてくれました。

あれはちょっと面白くてスキ。

「僕のことスキ?」発言って、確かにって思った。

自分に自身が無いのがおもいっきり露呈してんだろうな。

なので、そのまま乗っかって「僕のことスキ?」って発言しました。

 

まあ結局自慢している人って

自分に自身がない人が大半なんだと思います。…僕含めてね。

なので、そういう人がいたら、可愛いやつだなって温かい目で見守って欲しいですね。

…んなことできるか!って人。すいませんでした。

 

あ、そういえば誕生日から1ヶ月が過ぎました。

 

これは自慢なんですけど、

今年の誕生日は

みんなに忘れられていました。

何事も無くすぎました…よ。

 

ああ、無情。

 

まあね、

もうね、

僕は誕生日不詳にしてしまおうかと

スナイパーみたいでカッコイイじゃんね。

 

まあ、基本的に自分自身が誕生日をひた隠しているせいなんですけどねw

 

…いや、本当にそうなのか?

 

とりあえず、アピールしなくても

勝手に祝ってもらえるような

そんな人になりたいっすね。

 

今年の僕はちょっくら違う。

リアルな僕をそのままむき出しになれるように

そうやっていこうと。

少しづつですが、ピーリングされてきましたので

もうしばらくお付き合いを。

 

てな感じで、テーマがそれましたが

のし!…おおっと、ノシ

小休止

ども、今夜もども。George.Kです。

 

メルマガ楽しみにしてくださっている

一部のコアなGeorge.Kファンのみなさま。

メルマガ発行が滞ってて本当にすいません。

 

もともとは去年の年末にふと

自分を奮い立たせるために久しぶりに始めたものでしたが

ここ2,3ヶ月は本当にちょいちょい配信が出来ずにいます。

 

自分なりに発行ペースが保てるようにとか

色々考えてコンテンツを変えたりしてきたのですが

なにぶん書き手が自分ひとりなので

作者取材のため…モードになっちゃうと

完全にメルマガ自体がストップしちゃうって感じです。

別にいつもどおりじゃなくてもいいから

少しライトなカタチでもお届けするという手もあるんですけど

どうしよ…ってなっちゃうとピタっと止まっちゃった感じです。

連載モノなんかは特に困っちゃって…

ストーリーの展開は頭の中にあるのですが

やはり締切都合だけで書いてしまうと

僕的に納得いかないまま出しちゃうことも多く

あとで加筆して正式版だそうって考えてても

結局その時書いてるリアルが良いわけで

なんて言い訳してると結局書けないわけです。

 

まあ世の中の大半はいいところで妥協?というのか

そういう風に見切りで出すことが大事だっていうのは分かります。

正直、それくらいの方が力がいい感じで抜けてて

以外にも世間受けはそっちのほうが良かったりします。

 

ただ、メルマガ”なうとぱすと”に関しては

完全に僕ワールドなんでそれが出来なくなりつつあるんですよね。

力を抜いて出すことが出来なくなっちゃったんです。

いや、力なんか抜くなよ。いつでも128%だろ?おい!って言うところですが

いや、いつでも本気ですよ。

力なんか抜き方知らないですからね。

だからこそ、力抜かなくちゃダメなのかなと…

 

最近おかげさまで何だか忙しいです。

あ、忙しいから儲かるとかそういうのでは無くて

とりあえず色んなことをさせて頂く機会が多くて

本当にいろんなことに追われているって感じです。

ありがたい話です。

おかげで脳みそがフル回転しててバターになっちゃいそうです。

様々なものを創ってます。

そういう機会を与えてもらっています。

本当に感謝です。

 

あ、で今日気づいたというか

以前から解ってたんですが、

改めて再認識したというのが

これは僕だけかもしれませんが、

創作活動しているときに

横から邪魔されると本当にツライです。

キーってなるのと同時に

せっかく乗ってきた感じが一気に崩れちゃう感じです。

乗ってた波がブレイクしちゃう感じです。

僕の場合、某将棋漫画じゃないですけど

何かを創る時って

その世界にダイブする感じなんですよね。

呼吸止めて一気にダイブする感じ。

で、自分のタイミングでたまに呼吸をしに海面に上がって

んで、もう一回更に深くダイブする感じ。

これを邪魔されると本当に一気に溺れそうになるんです。

ちょっと話しかけられたり

何か頼まれごとされたりとか

何でもいいんです。いや、正確に言うならどれもダメなんです。

若い頃は、きっとそんなこともカッコつけてるだけなのかな?とか

まだまだ精神修行が足りないんじゃない?って

自問自答していたのですが

結局今も変わらない。それどころか悪化してる…

昔よりも様々な要因でダイブしきれなくなってきている分

深く潜り始めたなって感じた瞬間に

邪魔されちゃうと、もう完全にアウチです。

…精神修行が足りないんだろうな。

 

あ、そういえばメルマガを発行していない間に

ずっと逢いたかった人と一緒にお酒を呑んだり話せたりしたり

新しい出逢いがあって色々語れたり

やっとのこさ花火が見られたり

色んなことがありましたが

仕事を抜きにした

そんな時間は本当に大切だって思いました。

僕は

そんな時間が

本当に大好きです。

そしてそれがないと

何も出来ないことも分かりました。

小休止っていうと

なんだか走るのやめちゃったみたいでイヤですけど

寄り道っていうのかな?

まっすぐ走れない奴だっているんだ。

それも僕ってことでいいじゃん。

そう考えて

まだまだ

とぼとぼ寄り道しちゃいます。

もしかしたら

突然の新しい道が見つかっちゃうかもだし。

生きてんだ。

楽しもう。

 

うす。

誰でも出来るをカタチに…

ども、ちょっとお久しぶりのGeorge.Kです。

 

weblogを移行後あまり革新的なことを何も出来ていないのですが

とりあえず日々色んなことに追われて楽しんでおります。

 

いや、本当に山積みっす。

 

長いこと色々と停滞してたので

まあ、今も停滞していないことも無いのですが

最近色んなお話を頂いて嬉しい限りです。

ただ、自分の可能性を削りたくないので

もっとこなして色んなお話をいただけるように頑張ってこなしていかないといけないわけですが

本当にすいません。

 

さて、表題の件ですが

もうすでに語ったとは思うのですが

以前から僕は本当に誰でもその気になればなんだって出来るって

そんなことを言ってきたのですが

お金が無いと出来ないこととか

家庭があってとか仕事が忙しくてとか

様々な要因があってしたくても出来ない状況はあると思います。

そんな状況でしたくても出来ないって人はとりあえず仕方無いかなと。

別に無理しなくてもいいんです。

精神論でいえば、そんなの気持ち次第でどうにでもなるってところですが

別に無理して色んなことに手を出す必要もないかもしれないです。

ただ、僕が言いたいのはやってみたらどうかな?ってだけ。

手を出しもせずに、出来ないっていうのはちょっと勿体無いってだけです。

もしかしたら、手を出したおかげで色んなことが潤滑に回ることだってあるはず。

んなこと解ってる!って人、

そんなアナタにお届けしたいのが僕がいつも言っていること。

だから、したいのにどうしたらいいのか解らないって…

そんなのググれって言われればそれで終了なんですけど

ただググるだけでは解らない人も多数。

そんな人達は置いていけよって方の意見も別に否定はしませんが

もしかしたらGeorge.Kに聞けばどうにかなるのでは?って思っている人に届けたい。

 

今計画しているのは

僕がやっている様々は

本当にその気になれば誰でも出来ますよってやつ。

そのひとつがHP制作。

僕は今、仕事の関連でWEBデザインを多数手がけているのですが

確かにすんげえデザインページではないのですが

それでもそこまで難しいことをしなくても

そこまでお金かけなくても

僕がやっていることは誰にでも出来ます。

 

自画自賛みたいですごい恐縮ですが

僕はよく、「色んなことが出来るね、すごい」

みたいに言ってもらえることが多々あるのですが、

別に何もすごくないんです。

僕がやっている様々は、正直それぞれの専門分野の人に言わせれば

結局素人に毛が生えた程度。

でも、毛が生えたならいいかなって。

毛を伸ばしていってばんばん茂らせればいいわけだから。

んで、これやってみたいんだけどなって思って育毛剤に手を伸ばすも

伸ばす毛がそもそも無いことに気付いて断念する人が多いんです。

僕だって最初は毛根なって無かったです。

でも、無理やり植毛してる感じです。

 

…とここまで来て一部の人に不快な思いをさせているなら謝ります。すいません。

表現を変えます。

 

というわけで、

僕がやっている程度のことなら

本当にその気になれば誰だって出来るんです。

 

若い頃の僕は正直どうしようも無かったと思います。

そんな誰でもその気になれば出来ること、

そんな大したことないテクニックを隠して

自分が出来る人のように言われることに満足して

んで、誰かに教えることで自分の居場所がなくなることに恐れていました。

でも、ある時からそんなのすんげえくだらないって気づきました。

だから僕は惜しげも無く教えます。

 

ただ、僕が教えるのは技術的なお話。

後はそれぞれのセンスが大事。

センスは才能だって言う人もいますが

僕には別に特別な才能は何も無いんです。

敢えて言うなら女性にモテる才能くらい…すいません、ゴミ拾いするんで許して下さい。

 

センスは磨くもの。

それぞれが生まれ持っていたり、育ってきた環境で培われた

それぞれのアイデンティティとも言うべき核があって

あとはそれを光らせるために磨いていけば

自ずとセンスは輝くはずです。

そのためには好きなことを徹底的に楽しんで

好きなものに徹底的に触れていく。

それがきっと大事なのかな。

僕がセンスがいいかどうかなんて解りませんが

少なくとも、僕程度のセンスなら

誰にでもすぐに磨けると思います。

 

ということは

僕がやっていることは

誰にでもどうにでもなるわけです。

 

なので、色々公開して行きます。

参考にしてもらえればシアワセです。

 

で、なんでこんなことするのって言われると

単に人が好きだからかな。

 

色んな人の色んな作品に触れたいんです。

一部の特定の人の作品だけじゃなく

もしかしたらすげえ才能に出会えるかもしれないチャンスを

僕のちょっとしたお手伝いでふれることが出来たなら。

そんな楽しいことないなって。

 

ま、そんな感じです。

キレイゴトです。

 

なんでこんなことしているのかは

正直わかんないんです。

でも、なんか僕がやりたいこと…っていうだけかな。

 

もっともっといろんな人達が

いろんなことを出来るキッカケを。

今の時代にはそんなチャンスがすげえ眠っているから

だから…。

長いな。

とりあえずまた仕事に戻ります。

 

光に逢えるのを楽しみに。

新しく繋がった鼓動

最近はめまぐるしい技術の発達で

本当にいろんな人達が様々な手段で自己発信をネット上でやっています。

僕の友人でもう2年くらいかなPodcastラジオをやっています。

監獄ラジオ203号室 http://www.radio203.jp/

僕も1周年企画で応援ソングを創らせてもらったり

たまに僕の話題をしゃべっていただいたりと

ちょこちょこ絡ませてもらっているのですが、

先日、新たな試みとして収録を生放送でツイキャスで放送するというのをやっていました。

僕もたまたま時間が空いていたので

何気に聞きながら、いつもの様にチャットで絡んでいたのですが、

そこにたまたま何かのきっかけで始めてリスナーとして聞いていた

“愚悩さん”なる方とチャット上で盛り上がりました。

そして、その彼が実は現在16歳の学生さんであること、

そして同い年の友人達と一緒にねとらじをやっていることが判明。

(愚悩さんのねとらじ→現在構想中ラジオK.I.D http://kid-podcast.seesaa.net/

そこに、同じラジオでパーソナリティーをやっているカイセイさんという方も

そのツイキャスに参加してきまして、

監獄ラジオとGeorge.KとK.I.Dという

世代を飛び越えた会話で大変盛り上がりました。

そして、監獄ラジオの放送終了後に触発された愚悩さんが

今度は突然ツイキャスで独りラジオを始めました。

 

ん、なんだか箇条書きみたいになってきたなあ。

あ、どうもGeorge.Kです。

 

ちなみに愚悩さんのTwitter→ @gunou4241

 

で、流れで僕もそのツイキャスラジオを聴かせてもらっていたのですが、

ちょっと僕も久しぶりにやりたくなりまして

今度は僕自身がUSTで生ラジオを始めることにしました。

 

ということで、これやったらみんなで交代交代でやれば

ひとつのラジオ放送局出来るんやないか?みたいな話になりまして

愚悩さんが突如24時間生ラジオを配信するって

昨日の夜始めました。

 

で、やっと箇条書き終了。…ちょっとお茶。

 

で、ここからが本編なんですが

僕は前からせっかくこんなにインターネットで

簡単にいろんな人とつながれるのに

ソーシャルシステムで双方向通信が出来るにも関わらず

どうしてみんな一方的な発信しかしてないんだろうか…と疑問に思っていました。

もっと簡単に違う場所にいて

同時に何かを一緒にすることができないか?

 

確かに最近は例えばGoogel+のビデオチャットでみんなで一緒に体操をするとか

そういうの流れが出てきていますので

もう僕の疑問も解消されつつあるのですが、

まだ自分がやっていないことに気づいていました。

 

そんな疑問をパワーのある16歳(正確にはまだ15歳)の彼にぶつけることに…

ある程度年齢が来ると

僕みたいな突拍子も無い考えに乗ってきていただけないことも多く

あと、社会的立場とか色々あるみたいで…

 

というわけで急遽3日前に知り合った16歳と33歳でアレをしたいと思い立ったのです。

僕は彼の生放送ラジオのチャットを通じて

突如彼にアプローチをしました。

中身は

“Skypeを使って離れた場所同士で生ラジオ放送を配信”。

 

まだ若い彼はすぐに賛同してくれて

突如僕のシステムで放送を始めました。

 

久しぶりのまともなUST放送だったので

最初ちょっとシステムトラブルとかありましたけど

そこからはお互い逢ったこともない、ましてや声で会話するのも初めて

それどころか交流を初めて3日くらいという

そんな2人のシナリオが無いラジオ放送がスタートしました。

そしてそれを聞いてくれていた先ほど登場した愚悩さんの友人のカイセイさんも

突如「僕も一緒に参加できませんか?」ということで

Skypeのグループ機能を生かして更に参加してもらいました。

この辺は番組を聞いてもらうと分かると想いますので

よろしければぜひとも聞いてやって下さい。

 

まあ最終的には中身の無かった放送だったとは思うのですが、

何よりもこのスピード感がとてもスリリングで良かったです。

 

なんだろ、学生の彼らにはわかりづらいかもしれませんが

夏休みの思い出的な感じでしょうか。

いつまでもこんな感じのワクワクを続けていけたら最高。

そして、それを可能にしてくれたのが

インターネットなんだな。

 

とりあえず昨日起こったこの事象をできるだけ新鮮な内に伝えたかった。

また、このことに関してはどこかで語るかもしれません。

とりあえず報告までに。

合言葉はやっぱりアレですね。

「やらないか?」

…Σ(´∀`;)

 

 

昨晩のUSTラジオ放送
K2G2の突然しゃべらナイト

OP→ http://t.co/ET0XrcX(開始3分くらいしてからは音声トラブルで音声がありません。)

前編→ http://t.co/euas3uE

後編→ http://t.co/apK7Aji

過去をまとめようか。どうしようか。

ども、今日2回目の更新ですね。

あぁ、なんかこの勢い怖いな。

なんか3日坊主になりそうな気配。

とりあえず思いついたことはバンバン書いていきます。

Twitterとは違うのですよ。

表題の件。

せっかく僕の記録をまとめるためにここを始めたので

過去にamebaさんとかに書いた記事とかも

こっちにまとめるのありかなと…

まあ誰かがわざわざ戻って見てくれるとも想いませんが…

それにしても結構な作業だし

若干面倒かなあ。

とりあえず今考えているのは

現在発行中のメルマガの過去記事を

すべてここにまとめること。

ん〜正確に言うと全てでは無いとは思いますが、

最低限、連載小説とかはこちらに移植しようかなと。

そうすりゃ、ちょっと興味持ってくれた人とかにも

読んでもらえるでしょ?自分の成長具合をw

というわけでこれからちょこちょこやっていきますね。

それと、常日頃から言っている

もっと簡単に誰でも楽しく!

みたいなやつ。

先日BiNDという、そりゃもう簡単に素敵なHPが作れるソフトを

開発しているデジステの平野さんが

このソフトを開発した頃の想いとかを語ってて

すげえ共感出来ることだらけだったんですよね。

僕の場合は平野さんみたいに

すげえソフトを開発出来る能力なんてないから

ちょっと違うんだろうけど、

例えば本気で音楽やりたかったら

楽器なんか買わなくても出来るんだって

言ってたりした。

何度も話している話だけど、

昔それを体現するために

ゴミになる予定だった紙筒ひとつでライブしたこともあった。

まあ、あれはちょっと音楽ライブとしては違った気もするけどw

でも楽しむために金が必要だって考えているのは違って

本気になりゃいくらでも楽しむ方法はある。

ただ、それはすごく大変なことも多い。

だから、僕はそれを簡単に分かりやすくする仕組みを企ててきた。

今回のこのWEBLOGでは

それをもっと色濃く全面に出していくのもやっていく予定。

ちなみに最初の企画としては

最近僕がやっているホームページ作成。

正直、BiND買っちゃえばそれで全然オッケーだと思います。

僕がお伝えするのは

僕みたいにひねくれもんが、

どうせなら自分でやってみたいって考えている人向け。

(あ、ちなみに僕はBiNDの1もってますw)

そして僕が使う道具はただひとつ。

パソコンのみ。

そりゃホームページ作るんだから

最低限パソコンはいりますよ。

でも全然低スペックでいいんですよ。

すげえソフトなんていらない。

今はそんな時代。

後、最近ほんとうによくSNS関連の講師の依頼がある。

これももっとみんなに楽しく使ってもらいたいから

勝手に色々語っておきます。

あと、パソコンも無いし金も無いって人も

何か出来ることはあるんじゃないっていうのも

もっと考えていきたい。

でも、正直パソコンは欲しいなあ。

この道具ってマジですごいんだ。

置いてたらただの鉄の塊なんだけど

自分の体と一体させたらすげえ半端ないんだ。

だから、やっぱりちょっくら必要不可欠かな。

ん?なんだか話が逸れまくったし

なんか語り口調がうざくなってきた。

この辺でやめよう。

とりあえず過去ログの話でしたよね。

ま、とりあえず考えておきます。

じゃあここに書くなってね。

では。